FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナフィラキシー

今年の2月にオニヒトデに刺されてアナフィラキシーを起こしてしまいました!
病院で診察を受けたところ、お医者さんからはオニヒトデアレルギーの宣告を受け3年間要注意との通達を受けてしまいました。

石垣島では、今年に入ってからもオニヒトデの数は確実に増えています。
今現在はまだ大丈夫ですが、2~3年後にはオニヒトデの駆除活動中だけでなくダイビング中にも誤って刺されてしまうような状況にもなりかねないので、自衛的な意味も含めてアナフィラキシーに至った経緯を報告しておきます。


2008/10/20

竹富南でのガイド中に右手人差し指を刺されました。
指先に折れた棘が残っていたので水中で毒を搾り出すことができなかったのですが、たまたま他の船に乗合いをしていたので船長の手伝いを受けながらすぐにお湯にひたして解毒処理をしました。
刺された場所の腫れは2~3日でひきましたが棘は2週間以上残っていました。

オニヒトデの棘が残った状態
指先にオニヒトデの棘が残った状態!
自然に棘が取れた状態
2週間くらいで自然に棘は抜けました!
ふやけた部分ごとはがれて完治
刺されて毒に侵された部分は、最終的にはふやけた部分ごと剥がれ落ちて完治しました。

10月20日のダイビングブログ


2008/12/10

駆除したオニヒトデを船にあげる際に右膝を9箇所刺されました。
オニヒトデの駆除活動中だったのでポイズンリムーバ2個で毒を吸入!
このあと、2日間ほど腫れた状態が続きました。

オニヒトデに刺された右膝
オニヒトデに刺されて腫れあがった右膝!
9箇所刺された
黄色い丸が強く刺された部分、青い丸が軽く刺された部分です。

12月10日のダイビングブログ


2009/01/11

宮良でのダイビング中に右手親指を刺されアナフィラキシーを発症!

1ダイブ目に右手薬指を軽く刺され水中で毒を搾り出して処置!
1時間半の水面休息を取って2ダイブ目へ!

2ダイブ目のエキジット前に親指を刺されたが、オニヒトデの数があまりに多かったため毒を搾り出すのを後回しにしてオニヒトデを切り刻んでいる途中で身体がムズムズしてきました。

たまたま日曜日で病院が休みだったため、スポーツドリンクをガブ飲み(5リットル)して毒を排出(?)して蕁麻疹も治まりました。

蕁麻疹
オデコの蕁麻疹!
これでもスポーツドリンクをガブ飲みして少し腫れがひいた状態です!

1月11日のダイビングブログ


2009/02/20

船の上で駆除したオニヒトデを切り刻んでいるときに右手の中指と薬指を数箇所刺されました。

ポイズンリムーバで毒を吸い出していたときに心臓がドクンと大きく鼓動したので急いで帰港!
帰港途中で蕁麻疹も発症!
病院でオニヒトデアレルギーの宣告を受ける!

病院で点滴中!
病室で点滴中です!

2月20日のダイビングブログ


アナフィラキシーを引き起こしてしまうのは体質が一番の原因だと思いますが、1月11日に初めてアナフィラキシーを引き起こしたときのように、一度オニヒトデに刺されて時間をおかずに再度刺されるとアレルギー反応を起こしやすくなるのかもしれません・・・・・あくまでも、実体験を元にした仮定でしかありませんが?

一般ダイバーの皆さんは、オニヒトデを発見しても決して自分では処理なさらずに、ガイド・イントラに報告して処理してもらうようにして下さい。
人によっては、一度刺されただけでもアナフラキシーショックを引き起こしてしまうこともあるらしいのでくれぐれもご注意下さい。


             石垣島てぃだダイビングサービス  松永
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。